2018年6月29日閲覧。 ^ “今日はストロベリームーン!その由来とは?”. ウェザーニューズ (2018年6月28日). 2018年6月29日閲覧。 ^ “ストロベリームーン”. コニカミノルタ (2018年6月28日). 2018年6月29日閲覧。 ^ “今年最も小さく見える満月はストロベリームーン!?”. 岐阜市科学館
12キロバイト (1,638 語) - 2020年6月1日 (月) 08:07



(出典 grapee.jp)


アメリカでのイチゴ収穫期(6月)の満月に付けられた呼び名です。
早速、ベランダから眺めてみました。
煌々と照らされて美しい月でした。

1 名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)23:19:50

月が綺麗ですね……


(出典 fundo.jp)





4 名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)23:23:06

別名は「恋を叶えてくれる月」らしい


ロマンチックやなぁ


(出典 omajinai-navi.jp)


10 名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)23:24:52

もし恋人が居たら
一緒に見たいやで……


11 名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)23:25:15

叶えてくれる、やから祈ったらええんやで


16 名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)23:26:25

「ストロベリームーン」とも呼ばれる年に一度の満月が明日9日、日本の夜空で見ることができる。
「ストロベリームーン」とは、ネイティブ・アメリカンによって名付けられたというアメリカ圏の6月の満月の呼び方。
イチゴの収穫時期である6月に月が赤く染まることが多いことから、このように呼ばれるようになったという。

出典
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0608/24042.html